イギリス観光でアビイ・ロード(AbbeyRoad)に行ってきました!

イギリス(ロンドン)観光おすすめスポット【アビイ・ロード(AbbeyRoad)編】です。

ビートルズがあまり好きじゃない人には、縁の無いところかもしれませんが笑

イギリス(ロンドン)観光おすすめスポット【アビイ・ロード(AbbeyRoad)】

ビートルズで有名

アビーロードの看板

アビイ・ロード(AbbeyRoad)で最も有名なのが、

ビートルズのアルバムのジャケット写真です。

アビイ・ロード(AbbeyRoad)には、

世界各国のビートルズファンが多く訪れています。

 

また、2010年12月にイギリス政府は、

このアビイ・ロード(AbbeyRoad)の横断歩道を

イギリスの文化遺産として指定しました。

 

最寄駅

私たちが降りたのは、St-John’s Wood駅です。

たしか地図を見ながら結構歩いた記憶があります。

アビイ・ロード(AbbeyRoad)に着けばすぐに分かりますよ♪

アビイ・ロード(AbbeyRoad)の横断歩道で皆写真を撮っていますから笑

 

アビイ・ロード(AbbeyRoad)の注意点

ただし、注意点があります。

 

かなり交通量が多い道路なので、写真を撮るとき危ない

 

観光客が写真を撮っているとすぐに分かるんですが、

それでも一瞬

 

『え?ここがアビイ・ロード?』

 

ってなります。

もっと静かでのどかな場所かと思っていたら、

交通量がかなり多くて写真を撮るとき危なかったくらいですからね笑

 

アビイ・ロード(AbbeyRoad)の横断歩道に居る写真青年には注意

 

私達夫婦が自分でビートルズと同じポーズで写真を撮っていたときに、

カメラを持った青年が話しかけてきました。

 

英語で『5ポンドですけど、このカメラで写真撮りましょうか?』

 

と言って、額に入ったキレイな出来上がりの写真を見せてきます。

私達は

 

『5ポンドでこの額もついてくるの?』

 

という感じで聞くと

 

『YES』

 

と。

それならということで、写真を撮って貰いました。

 

そして、渡されたのはめっちゃ暗い写真一枚だけ。

おぃっ、額は!?分かってないのに『YES』って答えやがったな。

 

写真もめっちゃ暗いので、

 

『この写真は、時間が経てば明るくなるの?』

 

と聞くと

 

『YES、YES』

 

と答えたので、しゃあなしで5ポンド払いました。

 

その後、写真は一向に明るくならず暗いままです笑

だましやがったな!あのやろう!チェキみたいな

しょぼい写真で5ポンドも払わせやがって!

 

って、よく考えた見たらチェキみたいなしょぼいカメラでキレイに撮れる訳が無い。

 

という事になりかねないので、そんなチェキを首にぶら下げた青年の写真は買わなくてもいいです笑

もし、買うなら自分達のカメラでも撮って貰った上で、

お駄賃だと思って5ポンド払ってあげるならいいかもしれませんね。

 

他にも大きなビートルズshopもあるので、

ビートルズファンにはたまらない観光スポットだと思います。

まぁ、とくにビートルズファンでない私でも行ってよかったと思っていますけどね笑

 

イギリス(ロンドン)観光に行った際は、

アビイ・ロード(AbbeyRoad)へぜひ行ってみてください!

 

公式メルマガ:理想のライフスタイルを手に入れるまでの軌跡・マインドを公開中

SNSでもご購読できます。

中城子龍をFacebookでフォローできます!

コメントを残す