パリ地下鉄(メトロ)の乗り方はカンタンなの?

これまで2記事にわたりパリ地下鉄(メトロ)に関する記事を書いてきました。

>>パリ地下鉄(メトロ)は乗りやすい?はこちら

>>パリ地下鉄(メトロ)の切符の買い方はこちら

ここでは、パリ地下鉄(メトロ)の乗り方について書いておきますので、参考にしてくださいね♪

パリ地下鉄(メトロ)の乗り方

まずは改札口

パリ地下鉄(メトロ)に乗るには、まず改札口を通る必要があります。

この改札口は、日本と同じような形を思い浮かべるでしょうが、

まったく違う形状をしているので最初は戸惑いますよ笑

 

何かメタリックでゴツゴツした形をしていますので。。

ここでYoutubeでパリ地下鉄(メトロ)の改札口を

撮影した動画があったので載せておきますね。

おばあちゃんが良い味出してますね笑

 

そして、メトロに乗車

改札口を通り、目的のホームまで来たら、後はメトロを待つだけです。

しかし、またここで第2の試練がやってきます!

 

日本の殆どの電車って勝手に扉が開きますよね?

(東北地方など雪が降る寒い地方を除いて)

パリ地下鉄(メトロ)の電車は、勝手に扉は開きませんので注意してください。

 

どうやってメトロの扉を開けるかというと、

 

『扉にボタン or レバー』が付いているので、

『ボタンを押す or レバーを上に上げる』としてください。

 

そうすると扉が開きます。

これは、メトロに乗るときも降りるときも同じなので注意してくださいね。

そして、恒例のわかりやすい動画を見つけましたので載せておきます笑

コメントを残す