フランス(パリ)の免税方法は?

ここでは、フランス(パリ)の免税方法について書いておきますね。

パリでブランド物を買う方が多いかと思いますので、しっかりと把握しておきましょう!

フランス(パリ)の免税

付加価値税(VAT)

フランス(パリ)で購入する商品には、

 

19.6%の付加価値税(VAT)というものが掛かります。

 

この付加価値税(VAT)を免税する方法があるんですが、

一定の条件が必要です。

 

免税の条件

付加価値税(VAT)を免税できる条件は以下の通りです。

 

EU以外の国籍を持つ15歳以上の外国人旅行客

滞在期間が3ヶ月未満

 

上記の条件に当てはまり、1軒の店で店舗にもよりますが、

175ユーロ以上の買い物をしたら購入金額の12%~15%が払い戻されるんですね。

これで条件は整いましたが、免税手続きが必要となります。

 

免税手続き(買い物時)

まず、そのお店が『TAX FREE SHOPPING』加盟店なのかを知る必要があります。

 

そこで、買い物をする際に『TAX FREE?』と聞いて『商品と免税用紙』を渡しましょう。

そして、税込みの金額を払い、パスポート提示を求められるので提示してください。

 

その後、免税用紙に『名前と住所』をローマ字で記入し、

 

『販売明細書2枚』

『控え1枚』

『封筒』

 

を受け取ってください。

 

免税手続き(空港で)

空港での免税手続きは、知らないと戸惑いますので、

しっかりと把握しておいて下さいね。

 

まず、空港チェックインの前に免税手続きカウンター(Detaxe)へ行きます。

そこで、買い物時に貰った

 

『免税用紙3枚』

『パスポート』

『航空券』

 

を提示してください。

そうすると、免税書類にスタンプを押してくれて、

原本と控えの用紙が1枚ずつ返されますので受け取りましょう。

ここで、フランスの空港での手続きは終了です。

 

次に、到着した空港内の払い戻しカウンターに原本を提出しましょう。

 

日本での払い戻し

『TAX FREE』で商品を購入した際に現金であった場合は、

小切手で自宅に郵送されます。

また、カード購入の場合は、帰国後3ヶ月くらいで

使用したクレジットカードの口座に振り込まれます。

 

 

この付加価値税(VAT)が免税できるのは、かなり大きいです。

最初は、戸惑ってしまうかもしれませんが、

勇気を振り絞って『TAX FREE?』と買い物時に必ず聞くようにしてくださいね♪

 

日本語でパリの免税手続きを紹介する動画があれば良かったんですが、ありませんでした。。

文字だけだと分かりにくいと思いますので、

買い物時の免税のやり取りが何となく分かる動画はありましたので、

紹介しておきますね♪

 

日本の空港での払い戻しカウンターに関する動画はありませんでしたが、

日本語なので大丈夫ですよね笑

 

コメントを残す